Home

太郎と女神と僕たちと the Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ガルパングッズもろたやで!

mini_130518_0019.jpg
友達というには恐れ多い、日頃お世話になってる方(T先輩さんありがとうございます)からガルパングッズを多数頂きました。その一部が写真の大洗女子学園 生徒会 御用達干し芋とタペストリー(秋山優花里)と大洗女子学園の生徒手帳です。中でも生徒会長が常日頃食べまくっていた干し芋にいぬかいは強く惹かれました。う〜ん食べてみたい。

というわけで食べてみました。

ただ問題だったのは、フィギュアにしろグッズにしろ、パッケージのまま鑑賞&収集するいぬかい的には6個セット箱入り干し芋を開封するのが躊躇われた点。でも、会長の味わってた干し芋が如何なものなのか知りたい欲求には勝てず、開封&頂くことにしました。
mini_130518_0025.jpg mini_130518_0027.jpg


開封には細心の注意を払い、6個で一つの絵になっているパッケージの見た目元に戻すことを前提に作業しました。6個の箱をまとめている透明フィルムは切れ味鋭いBUCK MASTERで慎重に切開し(うそ)、密封パッケージ越しの干し芋のご本尊にご対面。さらにその密封パッケージも切れ味鋭いBUCK MASTERで…(以下略&うそ)。

で、実食。
mini_130518_0037.jpg hoshiimo.jpg

思っていたより濃厚な味わい&噛み心地で、凝縮されたさつまいもの風味が口一杯に広がる逸品でした。腹持ちも結構良いし、咀嚼してもその音がしないので状況中や作戦中でも手軽にカロリー補給が出来る優れものに思いました。そういえば、会長も戦車の中で食べてましたね。

それはそうと会長、常に干し芋食べてて、“あの”お身丈&お胸の厚みはどのように解釈すればいいのでしょう?一介のガルパンファンとして疑問に思っている次第です。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

サイコパス面白い

サイコパス面白いです。媚びてる感がないのが、またいいです。

出来れば狡噛慎也には公安局に残ったままで槙島を追いつめて欲しかったところですが、ドラマチック展開にするためには組織を離れる必要があったのかもしれません。
常守に宛てたメッセージから、物語の最後は監視官と執行官としてではなく、刑事と犯罪者(執行対象)として対峙する事になるのでしょう。その時は恐らく、狡噛に向けたドミネーターはデコンポーザー・モードになってるでしょうから、そのトリガーを引けるのか否かが見どころかと思われます。今から楽しみです。なんか泣いてまうかもしれへんなぁ。

ところで、今更気付いたのですが、狡噛が尋ねていった雑賀譲二の山奥の邸宅がフランク・ロイド・ライト設計の「カウフマン邸/落水荘」ぽかったなぁ。なんかのCMで見た記憶もあるけど、定かじゃないです。
山奥で世捨て人として生きる雑賀の住まいとしては雰囲気たっぷりでなかなかいいチョイスではないでしょうか?
邸宅自体は昨年(1クール前)にも登場していて、海外では話題になってたみたいやね。
下記サイト様に載っておりました。
http://cough.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/psycho-pass-9-c.html

脱線しますが、フランク・ロイド・ライトはル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと並んで近代建築の三大巨匠と呼ばれてます。オーガニックハウス(※)という設計思想のルーツとなっています。
間取り、建材やその色合いが環境に溶け込むようにデザインされていながら、主張すべきところは主張するその建築は、合理主義一辺倒の建築とは一線を画すものです。無機質で環境と張り合うかの様に自身を主張する安藤忠雄の作品とはまた違う趣があって、最近の環境意識の高まり具合から考えるとロイドの作品の方が今のトレンドには合ってるような気がします。

ただ、実際住む事を考えると、床下に水がザーザー流れている家というのはなかなか覚悟がいりそうな物件です。住人の精神が世捨て人の雑賀ほどの境地に達しないと、そこで生活するのは無理そうです。その辺まで含めてアニメを見るのも面白いかもしれません。

さて、上の方でロイド建築と比較して書いた安藤建築の家はいろんな意味で住みにくいそうです。湿気が抜けないとか、間取りがおかしいとか、わざと不便にしてるとか、目立ちすぎるとか・・・。でも、それを指摘すると安藤センセイはぶち切れるらしく、始末が悪いです。手に届く範囲のものが執行対象(気に入らん奴)に飛んでくるそうです。ですからセンセイに設計を依頼しようとお考えの方はくれぐれもお気をつけを。

※ロイドの財団が日本の会社にブランドをライセンスしている。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

またアニメの感想等をだらだらと。

ヤマノススメは面白いです。初めて見たときは5分で本編が終わって、録画ミスかと軽くパニックに陥ったけど、あれくらいの長さで淡々と進んでいくのもいいもんですね。もともと山登りというか、アウトドアライフ(BBQやキャンプ)が好きなので、すんなり入り込めたという感じ。女の子もかわいい。色々な意味で媚びてないのもポイント高。

ささみさんは挫折しました。管理銘柄指定。結局1話しか見なかったです。「1話しか見なかった」といえば、閃乱カグラも同列。媚び過ぎ。ゲームはかなり売れてるようなので、その方面で頑張って下さい。いぬかいは買わないけれど。

ちはやふるは安定の面白さ。やはり最低でも主人公に明確な目標やライバルが設定されている物語でないといけないと思います。ちはやふるの場合は、それだけでなく登場人物すべてにそれぞれの目標があり、それに向かって必死になっている姿に共感できます。
古くはガンダムも、主人公が自信の技量のなさを認めた上で「僕は、あの人に勝ちたい」と、搾り出すように言った台詞が印象に残りますが、千早の現状がまさにそれで、クイーン詩暢に勝つことのみを考えています。というか、名人周防の技までも身につけ、さらなる高見を目指し、それが無謀でなく実現しそうな部分が、物語の主人公足り得る圧倒的なタレント(才能)の現れでしょう。

また、天が二物を与えたかのような人物、太一がいまいち恵まれていない点が、もてない君のいぬかいをカタルシスへ導いているようです。ほとんど全てのあらゆる面でトップにたつことのできる彼が、本人が一番上位に据えている競技かるた&千早への想いにおいて新に一歩どころか壁1枚隔てられているのが不憫というか、なんか哀れっぽいです。2期6話ではかるたに対する想いも、北央学園との東京都予選決勝で負けたものの「面白かった!」という千早に対して、期せずして同じように「面白かった?」とメールしてきた新に嫉妬とも敗北ともつかぬ表情をしていたことが印象的でした。千早と新が非常に高いレベルで感性を共有している状態で、そこに割って入れない自分に対する、彼のもどかしさがよく表現されていました。

少女コミックが原作のアニメは総じて、心理描写や登場人物の目的意識が細やかに描かれているような気がします。ちょっと前では夏目友人帳なんかがそれです。少年漫画は突き詰めると、大概が暴力と性&おバカに到達します。昔で言うところのエロ・グロ・ナンセンスてやつです。これはこれで否定するものではないのですが、最近はなんとなくその手の作品がしんどく感じられて敬遠しております。今期の管理銘柄送りにした作品はそのような理由からです。心理描写、この点においては「男性クリエーターは女性クリエーターに完敗」というのがここのところの感想です。

ビビッドレッドオペレーションはあざといアングルの画面づくりが若干しんどく感じられるようになりました。あともうひとつしんどく感じられる要因は主人公が極限までポジティブシンキングな点。
いつもにこにこ、前向きで全力で生きてる姿は清々しく生命感溢れるものですが、いまいちリアルさに欠ける部分があります。弱気になる部分、心の中の触れられたくない部分が、何かの切っ掛けで垣間見えるくらいの主人公の方が共感できます。

例えばガルパンの西住みほがそんな感じの主人公。戦車道から離れるつもりで転校したものの、「西住」の名前がそれを許さず、避けていたものに真っ向から当たらなければいけなくなる運命や、最初拒否していたものの徐々にそれを受け入れ、さらに成長していく様が細やかに描写されていて、前向き全開ではない主人公でした。主人公自身が成長・変化していく作品は次への期待を込めて見続ける事ができます。
主人公自身の成長・変化という点ではサイコパスの常守朱も同様です。望んでその織に就いたとはいえ、想像を遥かに超える現実に直面して戸惑いながらも、最初の志を忘れず一人前の管理官になろうとする姿に、自分の経験してきた人生の一場面がシンクロする人も多いと思います。「共感できる」というやつです。これがアニメを見ていて、いぬかいが心地よく、面白く感じるところです。

「萌えアニメばかり」といわれる最近のアニメ事情ですが、1期かならず1つは「萌え」だけに偏らない作品があるので、作品内容だけに限ればまだまだ日本のアニメ業界は安泰ではないでしょうか。商業面ではかなり危ういみたいですが・・・、頑張っていただきたいです。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

花右京メイド隊の1巻を読み返していた時のこと

p52-53.jpg 
さて、最近何気に花右京メイド隊の1巻を読み返していた時、1巻を買った当時気付かなかったことを発見しました。
それは、太郎君が初登校した日、彼の周りで暗躍するお側連中に指示を出していたマリエルが待機していたのが、沖縄方面で大人気、今をときめくオスプレイ(V-22 Osprey)だったこと(コミックスP52-53参照)。オスプレイの量産は2006年からにもかかわらず、それとほぼ同時期に花右京家はいち早くそれを導入してたんですね。ものすごい政治力&経済力やでぇ。
ちなみに太郎君の住む東京郊外を中心とした作戦行動半径は無給油で青森から岡山・香川くらいまで(600km)。リンゴときびだんご・うどんは余裕で、ジンギスカンともみじ饅頭にはちょっと手が届かないと覚えておくといいかもしれません。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「OKEBEなメイドさん Vol13」のネット販売開始

いぬかいが表紙ロゴの手伝いをした、もりしげる研究所さんの「OKEBEなメイドさん Vol13」のネット販売が開始されました。詳しくは海猫明さんのメッセージにて!

お久しぶりです。明です。
1月14日、雪の中で車を運転していたのですが、カーナビ画面全体が「通行止め」「チェーン規制」「渋滞」の各種マークで埋め尽くされているのを見て世紀末な戦慄が走りました(笑)
年末コミケの帰り道も、首都高が火災事故の影響でトンネルの中で1時間、閉じ込められたり(^^;

えっと。全然カンケーありませんが、本題。
今回もとらのあな通販に新刊委託させて頂きました。

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/09/77/040030097739.html

今回のOKEBE13は、引越の真っただ中で作っただけあって色々トラブルを連発した思い出深い1作です。
一つ例を挙げると・・・

引越のギリギリまでパソコンの電源を切らずにいたのですが、引越業者さんが部屋の中に入ってきて荷物の移動でバタバタし始めました。
そろそろパソコンの電源を切ろう・・・とした瞬間に、同人印刷屋さんから電凸が来る。
「あの・・・見開きページの位置がうまく合わなくて、このまま印刷してしまうとマズイと思いまして・・・」
「えええぇっっっ・・・!!!?(汗)」
「えっっと・・・今すぐ原稿データ見直します!!!!」
後ろで動き回る引越業者さんを尻目に、モニタ画面いっぱいにエロ画を並べて何がマズイのか真剣に凝視する自分。。。
そして格闘すること5分。
「解かったぁぁぁっっ!!!」
数日前、コミスタのバグ(本来消す事さえ出来ないはずの基本枠レイヤーが、突如消える現象)が偶然起こったため、ネット上の解決策通りにやって復元した事を思い出す。
復元の過程で見開き設定がリセットされるのだが、そのフォローが完璧に出来ていなかったのだ。
喜び勇んで印刷屋さんに差し替えデータを送って、何とかセーフ!
いやぁ~よかったぁぁ・・・よかったよぉ・・・

しかし。
今回の引越はオタク臭がバレないように、同人誌や萌え系マンガ、グッズを箱に隠して万全!!
・・・だったのですが、さっきまで座っていたパソコン椅子の上にピンクの「らきすたクッション」を隠し忘れてイヤ~ン。
気づいた時には、ピンクのクッションは引越業者さんが手に持ってまして、
「これも、もう(持って行って)宜しいですか?」
「はっ、はいっっっ・・・(涙)」
あーやっちまったよ。恥ずかしい。。。orz

やっぱり、時間には余裕を持って入稿しましょうね~~というお話でございましたとさ。
ではでは!

もりしげる研究所/海猫 明 より

とらのあなサンにて絶賛発売中なり。グレースケール原稿の滑らかな濃淡表現で描かれたマリエルさんの肌に魅了されて下さいませ。それにしても、お引っ越し作業の最中に入稿データのトラブル処理とは、なかなかの修羅場でございます。お疲れさまでした!

PS.
いぬかいのいる神戸では、さほど寒さを感じない(といっても寒いけど)気候で、昨日は雪ではなく雨が降っておりました。でもテレビをつけてみたらびっくり。首都圏は大雪じゃないですか!
明さんの車はスタッドレスタイヤを履いてらっしゃったのしょうか?ご無事なようでなによりでございます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。