Home > 花右京メイド隊について

花右京メイド隊について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

作品「花右京メイド隊」について

作品「花右京メイド隊」は平成11年から平成18年まで月刊少年チャンピオン(秋田書店)に連載された漫画です。作者はもりしげ先生。現在も全14巻が単行本として発売中。
美少女が数多く登場する作風が最大の特長で、タイトル通り多くの登場人物が“メイド”さんです。現在のようにメイドさんがポピュラーな存在となる以前にそれを前面に打ち出した作品コンセプトは注目点の一つです。もしかするとメイドという存在を現在の地位にまで押し上げたのは花右京メイド隊かもしれません。

〈作品プロローグ〉
母を病気で亡くしたため、祖父の元に身を寄せることになった15歳の少年、花右京太郎。
祖父が東京に住むという以外、何も聞かされていなかった彼の目の前に現れた祖父の屋敷は、想像を遥かに超える大きな屋敷でした。
花右京家とは日本有数の大財閥だったのです。
さらにはご主人様にご奉仕するための何百人ものメイド達もそこにはいます。
彼女達こそが花右京メイド隊。花右京家当主だけの為に存在するプロフェッショナル集団です。

太郎が屋敷に当主として迎えられたその日から、彼とメイド達の夢のような(?)生活が始まるのでした。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 花右京メイド隊について

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。